プロペシアの効果や副作用は?使用方法や注意点を知ってAGAを正しく対策

公開日 / 2024.06.29 更新日 / 2024.07.03
この記事の監修者
宮内 俊
ウィルAGAクリニック 総括院長

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

プロペシアは、世界中で最も有名とされる代表的なAGA治療薬です。
服用をすることで、AGAの進行抑制に効果が期待できますが、安心安全に使用するためには効果や副作用などを正しく理解しておくことが大切です。

そこでこの記事では、プロペシアの効果や使用方法、副作用、注意点などをまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

目次

AGAの治療薬として使われる「プロペシア」とは

AGAの治療薬として使われる「プロペシア」とは

プロペシアは、世界60か国以上で使用されている代表的なAGA治療薬です。日本では2005年に厚生労働省から認可を受け、同年12月より販売が開始されています。

プロペシアは、有効成分「フィナステリド」を主成分としており、元々前立腺肥大症の治療薬として開発していました。その際、発毛効果がみられたことからAGA治療薬としても開発がスタートしたのです。
ジェネリック医薬品としては、「フィナステリド錠」が展開。プロペシアとの大きな違いはなく、同様の効果が期待できます。

プロペシアに含まれる有効成分「フィナステリド」とは

フィナステリドとは、AGAの進行を抑える効果をもつプロペシアの主成分のことです。
Ⅱ型5αリダクターゼの働きを妨害する作用があり、AGAの原因となる悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の生成抑制が促されます。
フィナステリドの作用により、ヘアサイクルの正常化や毛髪の成長促進が期待できるほか、乱れた頭皮環境の改善も叶うといわれています。

プロペシア(フィナステリド)の効果

プロペシア(フィナステリド)の効果

プロペシアの服用により期待できる効果は、以下の通りです。

  • 悪玉男性ホルモンの生成抑制
  • AGAの進行抑制・予防
  • 頭皮環境維持・改善
  • 毛髪の密度増加
  • ヘアサイクルの正常化

そもそもAGAはなぜ起こる?

AGAは、体内に存在する還元酵素の5αリダクターゼが活性化し、男性ホルモンであるテストステロンと結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)を作り上げてしまうことが原因とされています。
5αリダクターゼが活性化する原因は、過剰な飲酒・喫煙、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどさまざまで、遺伝で元々の量が多かったり感受性が高かったりすることも原因の一つといわれています。

プロペシア(フィナステリド)の効果①:AGAの原因であるDHTの生成を抑制

プロペシアの服用により、Ⅱ型5αリダクターゼの働きが弱まるため、テストロテンがDHTに変換されるのを防げます。
根本原因の抑制が可能なため、継続使用によりAGAの進行を大幅に遅らせたり、増毛効果を向上させたりできるといわれています。

プロペシア(フィナステリド)の効果②:体の内側からアプローチするAGA治療薬

プロペシアは、内服薬として体の内側からアプローチ可能な治療薬です。
成分は、血液を介して体内へと直接働きかけるため、より確実性のある効果が期待できます。また、直接的なアプローチにより、効果自体も表れやすかったり長期間持続できたりするようです。

プロペシア(フィナステリド)の初期脱毛について

プロペシア(フィナステリド)の服用で起こる初期脱毛とは

初期脱毛とは、ヘアサイクルが更新されることで、残っていた古い髪の下が抜ける現象です。数週間から数カ月ほど続く傾向にありますが、新しい髪を生やす準備であるため、過度に心配しなくても問題ないとされています。

プロペシア(フィナステリド)の服用では初期脱毛は起こらない

フィナステリドを主成分としたAGA治療薬で初期脱毛は起こりません。
まれに低確率で初期脱毛が起こる場合があると記載されている記事もネット上に散見されますが、実際のところは、ミノキシジルを併用していたケースであったりする場合が多く、フィナステリドを主成分としたAGA治療薬の服用による初期脱毛は、当院では確認されていません。

プロペシア(フィナステリド)の効果的な使用方法

プロペシア(フィナステリド)の効果的な使用方法

プロペシアは、24時間周期で決まった時間に1日1回、1錠の服用が推奨されています。
服用する際は、水またはぬるま湯で飲むと良いでしょう。牛乳やジュース、アルコールなど水以外の飲み物で飲んでしまうと、薬の吸収低下や成分変化につながる可能性があるので、なるべく水を選ぶことが大切です。
服用を忘れた際は、前日分と合わせて2錠飲む必要はなく、規定通りの1錠で問題ありません。

プロペシア(フィナステリド)の使用期間の目安

プロペシアの効果を実感するためには、少なくとも6ヶ月以上の継続使用が推奨されています。初期段階では目に見える変化が感じられず、不安に思うこともあるかもしれませんが、根気強く治療を継続していくことが大切です。
また、即効性がみられないからといって、自己判断での使用中止や服用回数の減少をすることはNGです。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシアはAGA治療に有効とされる治療薬ですが、いくつかの副作用が報告されています。副作用の出方は人によって異なり、中にはごく稀なものもあるので、詳しくは処方前に医師に相談してみると良いでしょう。

プロペシア(フィナステリド)の副作用①:性機能障害

性機能障害としては、性欲減退、勃起不全、精液量の減少などがあげられます。
症状は、服用を中止することで改善する傾向にあり、軽度であれば心配する必要はないとされています。
性機能障害自体、発生率の低い副作用ですが、ごくまれに睾丸痛や無精子症といった症状がみられる可能性があるので、長期間続く場合や深刻な症状が現れた場合は医師に相談することが大切です。

プロペシア(フィナステリド)の副作用②:肝機能障害

ごくまれに、肝臓に何らかの異常がみられる肝機能障害が起こることがあります。
肝機能障害は、プロペシアにかかわらず全ての薬において生じる可能性があるもので、発症を防ぐためには容量を守った服用や健康的な生活習慣が大切となります。

軽度で自覚症状がないケースがほとんどですが、長引くと倦怠感や発熱、黄疸、脳症を引き起こす可能性があるので、異変が起きた際は直ちに医療機関へ受診しましょう。

プロペシア(フィナステリド)の副作用③:アレルギー症状

アレルギー症状としては、発疹、かゆみ、じんましん、喉の腫れなどがあげられます。
発症頻度は極めて低いとされていますが、症状は軽症なものから重症なものまで幅広く、最悪の場合呼吸困難に陥る可能性があるので、アレルギー反応が疑われる場合はすみやかに医療機関へと受診しましょう。

プロペシア(フィナステリド)の副作用④:胃の不快感や抑うつ症状

ごくまれに、胃の不快感や抑うつ症状がみられます。症状は、プロペシアが男性ホルモンへ作用することで起こるようですが、発症率はかなり低く、思い込みの影響もあると考えられています。
症状がみられた際は、医師に相談し使用を中止したり、服用回数を減らしたりなどの対策をとるようにしましょう。別の疾患が原因で生じている可能性も考えられるので、症状に合わせた専門の医療機関へ受診してみることも大切です。

プロペシア(フィナステリド)の副作用が出た際の対処法

プロペシア(フィナステリド)の副作用が出た際の対処法

副作用が出た際は、服用を中止し担当医に相談すると良いでしょう。
中でも、アレルギー反応や肝機能障害がみられた場合は、症状を無視して服用を続けてしまうと、アナフィラキシーショックや肝炎を引き起こす可能性があるため、すみやかに医療機関へ受診することが大切です。
また、軽度の性欲減退や意欲低下など、気になる症状がある際は通院時に確認してみると良いです。

プロペシア(フィナステリド)の服用前に知っておくべき注意点

プロペシア(フィナステリド)の服用前に知っておくべき注意点

ここでは、プロペシア服用における6つの注意点を解説します。禁忌事項も存在するため、使用前にしっかりと確認しておきましょう。

前立腺がんの検診時にプロペシア(フィナステリド)を服用中と伝える

プロペシアを服用していると、前立腺がんの検査で測定されるPSA値(前立腺特異抗原)を約50%低下させるため、検査結果に影響が出ることがあります。
服用中は、検診時にプロペシアの服用について伝え、測定したPSA値を2倍した数値で判断してもらうようにしましょう。

参考
フィナステリド錠「NIG」を服用されている方へ|日医工株式会社

継続的に服用することが大切

プロペシアは毎日の服用が大切となり、効果が現れるまでに数ヶ月かかることがあります。最低でも半年~1年は服用を続け、定期的に担当医による検査やアドバイスを受けながら、根気強く経過を見守ることが大切です。
また、治療を中断すると、AGAの進行や悪化を引き起こす可能性が考えられるので、途中でやめず継続的な服用を意識しましょう。

女性や未成年はプロペシア(フィナステリド)の服用ができない

成人男性の男性ホルモンに作用する薬のため、女性や未成年の使用は禁じられています。薬は触れるだけでもNGとされ、妊娠中の女性がフィナステリドに触れると男性胎児の生殖器へ影響を及ぼす可能性があるので、取扱いや保管には十分注意しましょう。

プロペシア(フィナステリド)の服用中は献血に行かない

服用中に献血をしてしまうと、血液中に含まれた成分が輸血を介して女性や未成年に健康被害をもたらす恐れがあるため、服用中の献血はNGとなります。
献血を希望する場合は、服用中止から最低1カ月は期間をあけることで、献血を受けられるので覚えておきましょう。

参考
服薬と献血について|日本赤十字社

プロペシア(フィナステリド)の皮脂吸着に注意

プロペシアは、触れるだけで皮脂が成分を吸収してしまい、体内へ影響を及ぼす可能性のある薬です。皮脂吸着を防ぐためにコーティングがされていますが、割れて中が見える状態だと影響を及ぼす可能性があるので、割ったり砕いたりしないよう注意しましょう。

参考
プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について|厚生労働省

プロペシア(フィナステリド)の個人輸入は控える

個人輸入品は、品質や安全性が保障されておらず、偽造薬や保存状態の悪い薬が届くリスクがあるため、AGA専門クリニックなどの正規ルートから入手するようにしましょう。

また、何らかの健康被害による後遺症が発生した場合でも、個人輸入では保証がされません。多額の医療費が発生し、結果として正規ルートでの購入より費用がかかってしまうので、自分の身を守り安心安全に服用を開始するためにも、クリニックへ受診し適切な処方を受けることが大切です。

ウィルAGAクリニックでは、プロペシア(フィナステリド)の処方を行なっております

ウィルAGAクリニックでは、プロペシア(フィナステリド)の処方を行なっております

ウィルAGAクリニックでは、専門知識をもつ医師在籍のもと、プロペシアの処方を行なっております。
専門機器を用いた検査を実施し、患者様一人ひとりの症状を細かくチェックしたうえで最適な処方をするため、安心した状態でプロペシアによるAGA改善をスタートできます。
「AGA治療を始めるか迷っている」「プロペシア以外の治療も検討したい」などのご相談も承っておりますので、まずはお気軽に無料カウンセリングへお越しください。

【よくある質問】

AGAではない別の疾患の治療をしているのですが、プロペシアを併用できますか?

プロペシアに併用禁忌薬はないため、別の疾患に対する薬と併用をしても問題ありません。

プロペシアの服用中にアルコールを飲んでもいいですか?

適度な量であれば、服用中のアルコール摂取は問題ないとされています。ただし、過剰なアルコール摂取は肝臓に負担をかけるため、思わぬ副作用につながる可能性があります。

関連記事

RELATED

ウィルAGAクリニック一覧

CLINIC

AGA・薄毛治療のお問い合わせ

CONTACT
「初診専用窓口」 初診の方はこちらからお問い合わせください。