【併用禁忌】ミノキシジルは「この薬」と一緒に使わないで

公開日 / 2020.10.10 更新日 / 2020.10.10
この記事の監修者
宮内 俊
ウィルAGAクリニック 総括院長

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

ミノキシジルとの併用禁忌なお薬

ミノキシジルは、発毛効果と育毛効果が科学的医学的に証明されている、数少ない成分です。ミノキシジルは発毛剤や育毛剤に配合されていて、AGA(男性型脱毛症)に悩む多くの人が使っています。

ただ、どの成分や薬についてもいえることですが、効果が高くなるほどリスクが高まります。効果が高いとされるミノキシジルにも「併用禁忌(へいようきんき)」になっている薬があります。
併用禁忌の薬とは「この薬を飲んでいるときは、ミノキシジルは使わないでください」という薬のことです。

ウィルAGAクリニックの
AGA・薄毛治療一覧はこちら

そもそも併用禁忌とは

ミノキシジルの併用禁忌について解説する前に、併用禁忌そのものについて説明します。
禁忌とは「避けるべきこと」という意味です。併用禁忌とは、伴に用いることを避けるべきことという意味になります。
この文字の一般的な意味はそのようになりますが、医学や薬学の領域では「禁忌」には特別な意味があります(*1)。

<医学と薬学における禁忌とは>
●医薬品の添付文書に記載されている項目の1つ
●ある医薬品を投薬すべきでない患者
●ある医薬品を投薬すべきでない患者の状態
●その医薬品と一緒に使ってはいけない薬剤

禁忌のルールを破ってしまうと、病状が悪化する、深刻な副作用が出る、薬の効果が弱まる、といった「実害」が生じます。
実害が出ることを禁忌にしている、と言い換えることもできます。

*1:https://answers.ten-navi.com/dictionary/cat04/1137/

ミノキシジルとは

ミノキシジルの特徴について紹介します。

第1類医薬品のミノキシジルはドラッグストアで購入できる

ミノキシジルが配合されているほとんどの発毛剤・育毛剤は、第1類医薬品に指定されています(*2、3)。
最も強い薬は医療用医薬品で、これは医師の処方箋が必要になります。
第1類医薬品は、医療用医薬品より弱い薬である一般用医薬品になり、医師の処方箋は不要でドラッグストアなどで買うことができます。
一般用医薬品で最も強いのは要指導医薬品で、その次に強いのが第1類医薬品になります。第1類医薬品は、薬剤師による説明が必要ですが、対面販売の他、ネット通販で販売することができます。

<薬の分類>
●医療用医薬品:医師の処方箋が必要、強い薬
●一般用医薬品:医師の処方箋は不要
・要指導医薬品:薬剤師による説明が必要、対面販売のみ
・第1類医薬品(ミノキシジルはこちら):薬剤師による説明が必要、対面販売もネット通販も可能
・第2類医薬品:薬剤師か登録販売者が説明するよう努力しなければならない、対面販売もネット通販も可能
・第3類医薬品:説明に関する法律の規定がない、対面販売もネット通販も可能

*2:https://brand.taisho.co.jp/riup/
*3:https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf

発毛、育毛、脱毛予防が期待できる

ミノキシジルは、発毛、育毛、脱毛予防が期待できます。AGAなどに効果があることは、医学的に証明されています(*4)。
髪の毛は発生と脱落を繰り返し、これをヘアサイクルと呼びます。ミノキシジルは、ヘアサイクルのうち、新しい髪の毛の発生と、生えてきた髪の毛の成長の2つの局面に関与します。
髪の毛と皮膚の器官の両方に関与するのでミノキシジルは高い効果を発揮するのですが、それだけ一層、禁忌や副作用といったリスクも大きくなってしまいます。

*4:https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf

ミノキシジルの併用禁忌の説明

ミノキシジルの併用禁忌についてみていきましょう。

症状が悪化したり、副作用が起きたりする

ミノキシジルの併用禁忌には次のようなものがあります(*5)。

●ミノキシジルを使用する場合は、他の育毛剤や外用剤(軟膏、液剤など)の頭皮への使用は避けてください

また、これらを使用するときは、ミノキシジルの使用を中止してください。これらの薬剤はミノキシジルの吸収に影響を及ぼす可能性があります。

そして、併用禁忌から少し外れますが、以下の項目に該当する人も、ミノキシジルを使わないでください。

●頭皮に、きずや湿疹、炎症(発赤)などがある場合、ミノキシジルを使うと、きずなどが悪化することがあります
●ミノキシジルによりアレルギー症状を起こしたことがある
●女性(ミノキシジルは、日本人女性における安全性が確認されていません)
●20歳未満(ミノキシジルは、日本人の20歳未満の人における安全性が確認されていません)
●AGAなど壮年性脱毛症以外の脱毛症、例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛などを発症している。あるいは原因のわからない脱毛症を発症している
●脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている
●ミノキシジルは頭皮にのみ使用し、内服しないでください。血圧が下がるおそれがあります

以上の項目に該当する人がミノキシジルを使うと、現在持っている症状が悪化したり、副作用が起きたりする可能性があります。

*5:https://www.info.pmda.go.jp/downfiles/otc/PDF/J1801000183_01_A.pdf

使う前に医師・薬剤師に相談する必要がある人

次の項目に該当する人は、ミノキシジルを使う前に、皮膚科などの医師や薬剤師に相談するようにしてください(*5)。

●今までに薬や化粧品等によりアレルギー症状を起こしたことがある。アレルギー症状とは、発疹・発赤、かゆみ、かぶれなどのことです。
●高血圧、または低血圧。ミノキシジルは血圧に影響を及ぼす可能性があります。
●心臓または腎臓に障害がある。ミノキシジルは心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性があります。
●むくみがある。ミノキシジルは、むくみを増強させる可能性があります。
●家族や兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない。壮年性脱毛症の発症には遺伝的要因が大きいと考えられていて、家族や兄弟姉妹が発症していない場合、壮年性脱毛症ではない可能性があります。ミノキシジルは、AGAを含む壮年性脱毛症用の成分です。
●65歳以上。一般に高齢者では、ミノキシジルを使うと好ましくない症状が起きやすくなります。
●甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)の診断を受けている。甲状腺疾患による脱毛の可能性があります。

これらに該当する人が、ミノキシジルを使えないわけではなく、医師や薬剤師から「OK」が出れば、使うことができるでしょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには、併用禁忌以外に、副作用があります。
次に紹介する副作用は、その他の薬を使っていなくても、ミノキシジルだけを使っていても発症する可能性があります。

頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感、頭痛、気が遠くなる、めまい、胸の痛み、心拍が速くなる、原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

これらの症状が起きたら、ミノキシジルの使用を中止して、医者または薬剤師に相談してください。

まとめ~基本的に安全だが警戒は必要

ミノキシジルは基本的に安全性が高い薬です。ただ、薬である以上、併用禁忌や副作用が存在します。
ミノキシジルを使うときは、一定程度の警戒心を持っておいたほうがよいでしょう。

ウィルAGAクリニック一覧

CLINIC

AGA・薄毛治療のお問い合わせ

CONTACT
「初診専用窓口」 初診の方はこちらからお問い合わせください。