ヘアフィラーの効果は2週間ほど持続! 毛髪用注入剤で発毛をうながす

公開日 / 2021.01.28 更新日 / 2021.01.28
この記事の監修者
宮内 俊
ウィルAGAクリニック 総括院長

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +


ヘアフィラーは発毛をうながす毛髪用注入剤です。
薄毛治療薬には口から服用するタイプ、頭皮に塗るタイプがあります。

一般的な薄毛治療薬と違い、頭皮に直接注入するのがヘアフィラーです。
今回の記事ではヘアフィラーについて、以下の内容を中心に解説します。

【今回の記事で解説すること】
・効果の持続期間や回数
・期待できる効果
・効果が期待できる脱毛症
・治療の流れなど

ヘアフィラーの注意点もあわせて解説するため、薄毛が気になる方は今回の記事をご一読ください。

【Youtubeでも解説中!】
Dr.シュンの発毛チャンネル

1.ヘアフィラーの効果について


ヘアフィラーでは、7種類のペプチドを配合した毛髪用注入剤を頭皮に注入しています。

【7種類のペプチド】

・オリゴペプチド54
・デカペプチド10
・オクタペプチド11
・オクタペプチド2
・デカペプチド28
・オリゴペプチド71
・デカペプチド18

結合するアミノ酸の数によってペプチドの名前が変わります。

【アミノ酸の結合数によって変わるペプチド】

・2個→ジペプチド
・3個→トリペプチド
・4個→テトラペプチド
・5個→ペンタペプチド
・2個~9個→オリゴペプチド
・10個以上→ポリペプチド

ペプチドはもともと私たち人に存在しています。

しかし、加齢によって少しずつペプチドが減少することが多いです。
ヘアフィラーでは減少したペプチドを補い、発毛をうながしています。

(1)ヘアフィラーの効果は2週間ほど持続

ヘアフィラーを頭皮に注入した後は、効果が2週間ほど持続します。
そのため、注入は2週間に1回のペースです。

発毛を実感できるまでの回数は4回、期間は2ヶ月が目安です。
4回注入後は、薄毛の症状を見ながら追加注入します。(1ヶ月~2ヶ月に1回が目安)

薄毛治療薬の場合、効果を実感できるまでの期間は3ヶ月~6ヶ月が目安です。
薄毛治療薬よりヘアフィラーのほうが早めに発毛を実感できます。

(2)ヘアフィラーで期待できる効果

ヘアフィラーで期待できる効果は、ペプチドによって異なります。

【ペプチドで期待できる効果】

期待できる主な効果 ペプチド名
細胞の増殖を抑えるDKK-1を減少 オリゴペプチド54
血管の新生と血流の改善 オクタペプチド11・デカペプチド10
毛包・毛乳頭のアポトーシス(細胞の自然死)を抑制 オクタペプチド11・デカペプチド10・オリゴペプチド54
毛包の形成と毛乳頭の再生・新生 オリゴペプチド71・デカペプチド28・デカペプチド18
髪の毛を黒くするメラニン色素を増やす オクタペプチド2

上記のように5つの効果が期待できます。

(3)ヘアフィラーの効果が期待できる脱毛症

ヘアフィラーでは以下の脱毛症で効果が期待できます。

【効果が期待できる主な脱毛症】

・AGA(男性型脱毛症)
・びまん性脱毛症
・円形脱毛症など

AGAは男性によく見られる薄毛の症状です。
脱毛作用のある男性ホルモンDHTにより、額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなる症状がよく見られます。

びまん性脱毛症は女性の薄毛によく見られます。
男性によく見られるAGAと違い、びまん性脱毛症では頭部全体的に薄くなる症状が多いです。

円形脱毛症では、急激に髪の毛が抜ける症状がよく見られます。
人によって異なるものの、10円玉ほどの大きさで髪の毛が抜ける単発型の円形脱毛症が多いです。

自己免疫の異常の他、ストレスが原因となる心身症により、円形脱毛症の症状がはじまることがあります。

また、ヘアフィラーでは白髪の改善も期待できます。(メラニン色素を増やすオクタペプチド2により)
ヘアフィラーは薄毛ではないが白髪が気になる方にも向いている治療です。

参照:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa11/q06.html

2.ヘアフィラーによる治療の流れ


ヘアフィラーによる治療は、以下のような流れで進みます。

【治療の流れ】

・カウンセリング・診察
・毛髪用注入剤の注入
・次回の来院予約

(1)ヘアフィラーの治療をはじめる前のカウンセリングと診察

まずは医師によるカウンセリングからはじめます。
カウンセリング後は頭皮と髪の毛の状態を診察します。

治療方法や痛みの具合など、分からない点は医師に質問してください。

(2)ヘアフィラーを頭皮に注入

次にヘアフィラーを頭皮に直接注入します。
ペプチドの分子量は小さいため、注入時に感じる痛みは少ないです。

クリニックによっては専用の注入マシンを用意しており、さらに痛みの少ない治療が受けられます。
痛みに不安がある方や注入時に恐怖心を感じる方は、麻酔クリームや局所麻酔を使用できるかどうか医師に相談してください。

(3)ヘアフィラーによる治療後は次回の来院予約

治療後は、帰宅する前に次回の来院予約を行ってください。
帰宅後に来院予約するより、帰宅前のほうがスムーズです。

今後の予定が分からないときは、帰宅後に来院予約してください。

(4)ヘアフィラーとホームケア製品の併用

ホームケア製品「ペロバーム」を併用すると、効果的な薄毛予防が期待できます。

【ペロバームのラインナップ】

・シャンプー
・コンディショナー
・育毛ローション

ペロバームに配合されているペプチドはヘアフィラーと同じです。
そのため、ヘアフィラーとペロバームとの相性は良好です。

また、ペロバーム単体でも薄毛予防が期待できます。
以下に当てはまる方は、ペロバームのみでホームケアするとよいです。

【ペロバームのみのホームケアが向く方】

・クリニックへ通院するのが面倒
・薄毛が気になるが注入するほどでもない
・なるべく料金を抑えたい
・成分が自分の頭皮にあうかどうか確かめたい

ペロバームは治療後の状態をなるべく維持したい方にも向いています。

(5)ヘアフィラーとAGA治療薬の併用

ヘアフィラーではAGA治療薬との併用が可能です。

【併用できるAGA治療薬】

・フィナステリド(男性ホルモンDHTの抑制)
・ミノキシジル(血行の促進)

ヘアフィラーとAGA治療薬との併用による相乗効果が期待できます。
併用を希望する方は、医師に相談してください。

(5)ヘアフィラーの料金について

ヘアフィラー(1ml)の料金は1回につき、5万円~6万円ほどが目安です。
2週間ごとに4回の治療を受けた場合、20万円~24万円ほどの料金がかかります。

ペロバームでホームケアする場合は、以下の料金も必要です。

【ペロバームの料金目安】

・シャンプー(150ml):3,500円
・コンディショナー(150ml):3,500円
・ローション(60ml):9,000円

クリニックによって治療料金が異なります。
治療料金が気になる方は、クリニックの公式ホームページで確認するとよいです。

3.ヘアフィラーの注意点について


ヘアフィラーには、以下の注意点があります。

【ヘアフィラーの注意点】

・副作用のリスクがある
・効果の出方には個人差がある
・人によっては治療が受けられない

(1)ヘアフィラーの副作用について

ヘアフィラーでは安全性の高い毛髪用注入剤を使用しているため、副作用の心配は少ないです。
しかし、人によっては発赤・かゆみ・発疹などの副作用が出ることがあります。

頭皮に何らかの異常が見られたときは、早めに医師へ相談してください。

(2)ヘアフィラーの効果の出方には個人差がある

ヘアフィラーでは直接頭皮に注入しているため、内服薬や外用薬より効果が出やすいです。
しかし、効果の出方には個人差があると考えてください。

ただし、AGA治療薬も効果の出方には個人差があります。

また、クリニックによっては症例写真を用意しています。
効果が出るかどうか気になる方は、症例写真を見せてもらうとよいです。

(3)ヘアフィラーによる治療が受けられない方

以下に当てはまる方は、ヘアフィラーが受けられないと考えてください。

【治療が受けられない方】

・妊娠、または授乳中の女性
・未成年の方
・重篤な既往歴がある方(自己免疫疾患・糖尿病・狭心症・急性関節リュウマチなど)

治療が受けられるかどうか分からないときは、医師に相談してください。

(4)ヘアフィラー以外の注入治療の種類

ヘアフィラーでは、主としてペプチドの注入を行いますが、そのほかの薬剤などを注入する治療法もあります。
LHDV頭皮注入療法があります。

これには(薬剤は入っておりません、幹細胞培養上清液です)乳歯幹細胞由来の300種類以上の成長因子を配合したカクテルを頭皮に注入するものです。
多種類の成長因子によりバルジ領域という部分にある毛包幹細胞を活性化し、発毛の促進を行うことができます。

特殊な注入機械を使用しており、一般的な注入療法よりも注入時の安定感や浸透力が向上している点もポイントとなっています。

4.発毛をうながす注入療法に関するご相談はウィル AGA クリニックへ

もし薄毛・脱毛症に関するお悩みがある場合は、お気軽にウィル AGAクリニックにお問い合わせください。

薄毛に悩む方が一人でも多く悩みから解放されるよう、
全力でサポートしていくことをお約束します。

電話で予約
WEB予約
LINE予約

ウィルAGAクリニック一覧

CLINIC

AGA・薄毛治療のお問い合わせ

CONTACT
「初診専用窓口」 初診の方はこちらからお問い合わせください。