女性の薄毛対策7選!薄毛の原因を知って正しい対策をとろう

公開日 / 2021.10.15 更新日 / 2021.10.15
この記事の監修者
宮内 俊
ウィルAGAクリニック 総括院長

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

女性の薄毛は、早くに対処するほど高い効果が期待できるため、気付いたときに対策を講じることが重要です。男性の薄毛対策情報は多いですが、女性の薄毛対策に関する情報は少なく、正しい対策方法が分からない方もいるでしょう。

そこで、女性の薄毛対策方法と、薄毛の原因について紹介します。

女性の薄毛の原因とは


​薄毛になる原因は様々ですが、特に女性が薄毛になる主な原因を紹介します。

ストレスが原因の血行不良

人間関係や仕事、家事のストレスにより身体が緊張状態になると、血管が収縮して血流が悪くなります。血行が悪化すると血液を通して頭皮に栄養が届かなくなり、健康な髪の毛が成長しなくなるのです。

女性ホルモンの分泌量減少

女性ホルモンには、髪の毛が抜けて生え変わるまでのヘアサイクルを正常な状態に保つ役割があります。また、健康に生えた髪の毛を維持するといった作用もあるため、食生活が乱れて女性ホルモンが減ると髪の毛が抜けたり細くなったりすることがあるでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性が薄毛になる原因は様々ですが、年齢とともにホルモンバランスが変化することにより抜け毛・薄毛が進行するケースが多いです。女性は40歳~50歳で閉経するケースが多く、閉経後は女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンの濃度が低下することによって、髪の毛が成長しなくなったり成長した髪の毛を維持できなかったりすることがあるのです。髪の毛が生えても抜けやすく、柔らかく細い髪の毛になり、健康な髪の毛が生える量は減るにもかかわらず抜け毛の本数が増えることによって薄毛が進行します。

また、性別は女性でも、少量の男性ホルモンも分泌されています。閉経後は女性ホルモンの分泌量が減るため、必然的に男性ホルモンの濃度が上がり、男性の脱毛症AGAと同様の仕組みで抜け毛が増え、薄毛が進行することもあります。

皮脂の過剰分泌

ファストフードやスイーツなど油分が多いものをばかり食べていると、皮脂が過剰分泌され頭皮環境が悪化します。脂分が頭皮に付いた状態で放置すると、抜け毛の原因になるでしょう。

女性の薄毛対策7つ

​女性の薄毛を少しでも食い止め、予防する方法を紹介します。すぐに実践できるものが多いため、生活習慣を見直すことから始めましょう。

睡眠時間を確保

女性の薄毛の進行を止めるために重要なことは、十分な睡眠を取ることです。十分に睡眠を取ることで、寝ている間に髪の毛や頭皮の細胞を修復するホルモンが分泌されるため、短くても7時間ほどの睡眠を取ることが重要です。

さらに、入眠してから3時間以内に細胞を修復するホルモンの分泌量が増えるため、良い睡眠を取れるように心がけましょう。

寝る1時間前にはパソコンやスマートフォンを見ないようにする、お風呂はシャワーで済ませるのではなく湯船につかるなど工夫をして、質の良い睡眠を取れるようにすることが大切です。

頭皮環境を良好にする

正しいシャンプー方法で頭皮ケアをすることで、健康な髪の毛が生える頭皮環境を整えることにつながります。埃や皮脂が原因で頭皮に汚れが溜まっていると健康な髪の毛が育たないため、シャンプーを使って丁寧に汚れを落とすことが重要です。

シャンプーは、頭皮に負担がかかりにくいアミノ酸系シャンプーや、頭皮のケアを目的としたスカルプシャンプーなどを使用すると良いでしょう。髪の毛は1日1回、汚れが蓄積する夜の時間にしっかりと洗浄し、頭皮をきれいな状態にしてから寝ることが大切です。

頭皮マッサージ

シャンプーをする際には、頭皮マッサージも行いましょう。優しく揉むことによって血行を促進させ、髪の毛の成長を促す栄養素を頭皮までしっかりと届けられます。

頭皮マッサージをする際には、爪を立てず、痛みを感じない程度の力加減で行うことが大切です。自分でマッサージするのが難しいと感じる場合には、ヘッドマッサージを行っているお店で施術を受ける方法もあります。

ただし論文では毎日1時間マッサージを半年ほど行うと発毛が見られたということもあり、根気よくやる必要がありそうです。

シャンプーや頭皮マッサージはすぐに実践できる薄毛対策のため、毎日の習慣にすると良いでしょう。

栄養バランスが整った食事を摂る

髪の毛の成長や頭皮環境を正常に保つためには、栄養バランスが整った食事を摂ることが大切です。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質をメインに構成されており、魚や肉といった食材からタンパク質を十分に摂ることが必要になります。

ケラチンの合成に役立つ豚のレバーや牡蠣に含まれる亜鉛や、新陳代謝を促す効果が期待できる魚や卵などに含まれているビタミンAなども摂取しましょう。

ほかにも、豚のヒレ肉やカツオに含まれるビタミンB群は、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できるため、積極的に食事に取り入れたりサプリメントで補ったりといった方法で摂取しましょう。

さらに、普段の食生活においては油分が少ない食べ物や、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できるビタミンB群が多く含まれる食品を摂ることがポイントです。

また、女性ホルモンの乱れが薄毛の原因だと考えられる場合、女性ホルモンと似た作用がある、大豆食品の納豆や豆乳を積極的に摂るようにしましょう。

飲酒と喫煙を控える

アルコール摂取や喫煙は身体に悪影響を及ぼすだけではなく、髪の毛や頭皮の健康にも悪影響を及ぼすため注意が必要です。

アルコールを分解する際には、髪の毛の成長に必要な栄養素が使われるため、過度なアルコール摂取によって髪の毛が育たなくなることがあります。また、喫煙は血行不良の原因になり、頭皮と髪の毛に十分な栄養素が届かず、抜け毛や薄毛につながることがあるでしょう。

「健康に悪い」とされている行為は、基本的に髪の毛や頭皮の成長にも悪影響を及ぼすため、禁酒・禁煙をする、もしくは過度な摂取を控えるといった工夫が必要です。

ストレスを発散する

精神的なストレスを溜めると身体が緊張状態になるため血行不良を起こし、頭皮や髪の毛に栄養が届かなくなることがあります。血行不良の状態が続くと、薄毛や抜け毛の進行だけではなく円形脱毛症といった症状が起こる可能性もあるため、ストレスを溜めないように工夫しましょう。

ストレスの発散する方法は人によって異なりますが、趣味を見つけたり適度に運動したりと、自分に適した方法で仕事や家事、育児などのストレスを発散しましょう。

クリニックで治療する

自宅で薄毛対策をしていても効果が現れなかったり、薄毛や抜け毛が進行したりといった場合には、専門のクリニックで治療をしたほうが良いといえます。クリニックでの薄毛対策としては、内服薬や外用薬を使用した治療が行われます。

薄毛や抜け毛の治療は男性患者がメインターゲットであり、女性用の治療薬や治療プランを用意していないケースも少なくありません。

薄毛や抜け毛の治療を専門に行うクリニックでも女性用プランがないケースがあるため、しっかりと確認することが大切です。

しかし、なかにはオリジナルの女性向けの治療プランを用意しているケースもあります。また、女性の薄毛治療薬のほか、有効成分を直接頭皮に注射する方法も提案してもらえることがあるので、どのような治療をするのかに関しても相談しましょう。

薄毛を改善したい女性はウィルAGAクリニックへ

女性の薄毛の原因は様々であり、ストレスの緩和やホルモンバランスの乱れを整えるといった対策を行えることもあります。

しかし、自分で薄毛対策を行っても症状が進行する場合には、専門の治療を受けることも検討しましょう。女性の薄毛・抜け毛の治療実績も豊富なため、一人ひとりに適した薄毛の治療や対策方法のアドバイスを行えます。

薄毛や脱毛症に関して悩んでいる方は、お気軽にウィルAGAクリニックにお問い合わせください。

ウィルAGAクリニック一覧

CLINIC

AGA・薄毛治療のお問い合わせ

CONTACT
「初診専用窓口」 初診の方はこちらからお問い合わせください。