こんな抜け毛は薄毛の前兆?見分けるポイントは本数より毛根にあり

公開日 / 2021.06.30 更新日 / 2021.06.30
この記事の監修者
宮内 俊
ウィルAGAクリニック 総括院長

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

AGA患者70,000件以上※の治療実績から生まれた独自の発毛理論をもとに、表参道ウィルAGAクリニック開院。 2018年5月ウィルAGAクリニックに改名し、全国14院を展開。現在、ウィルAGAクリニックの総括院長、医療法人社団紡潤会の理事長として日進月歩研究を進めながら、日々の診療にあたる。千葉大学医学部卒。

ドクター紹介 +

抜け毛が気になると「このままどんどん抜けて、薄くなってしまうのでは……」と不安になる方も、多くいると思います。

しかし抜け毛自体は、髪の毛が寿命を迎えれば自然に起きる現象です。実は抜け毛には薄毛につながる「危険な抜け毛」と「正常な抜け毛」の2種類があります。

本記事では、1日に抜ける本数の危険な抜け毛の見分け方など、詳しくご紹介します。正しい情報を知ることで、むやみに抜け毛を心配しなくても済みますし、対策すべき抜け毛の場合は、すぐに対応できます。

1.1日に抜ける本数はどれくらい?

抜け毛があったとしても、通常の範囲内の本数であれば、問題ないケースがほとんどです。

(1)1日50本から100本が一般的

薄毛の原因は、へサイクルの乱れです。ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜け落ちて、また生えてくるまでの周期を指します。「成長期」「退行期」「休止期」の3つの時期で構成されており、男性は2~6年、女性は4~6年が1サイクルです。

休止期から成長期になる過程で、新しい毛が生えて古い毛が押し出されて自然に抜けます。ヘアサイクルが正常なら、抜け毛があっても毛量や太さは維持できます。

正常なヘアサイクルによる抜け毛は、一般的には1日50~100本ほどです。ただし、季節によって本数が変わり、もっとも抜け毛の多い秋には、200本以上抜けるケースもあります。秋に抜け毛が増える理由としては、秋は動物の毛が生え変わる時期である点、夏に髪の毛や頭皮が紫外線によるダメージを受けている点があげられます。

AGAなどの影響でヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり、髪の毛が充分に育たないため、抜ける量が増え、薄毛になります。

(2)抜け毛が増えたら専門クリニックにご相談を

正常な抜け毛であれば問題はないのですが、ブラッシングやシャンプーをしたときに、明らかに以前よりも抜け毛が増えていたり、髪のボリュームが減ったと感じたりした場合は、早めに専門のクリニックに相談するのがおすすめです。

抜け毛の原因はさまざまですが、専門知識が豊富な医師が診断することで、原因が特定でき、適切な治療が可能になります。また、AGAをはじめ抜け毛の症状には進行性のものも多く、早ければ早いほど、回復のスピードが早い傾向があります。

抜け毛について相談するのは抵抗があるかもしれませんが、放置すると悪化してしまう場合も多いので、ぜひ早めに医師へご相談ください。

2.大事なのは本数より毛根

抜け毛の本数が明らかに増えてきた場合は、専門クリニックでの相談がおすすめですが、本数以上にチェックすべきなのが毛根の状態です。

毛根は頭皮の内側にある部分で、髪が生えているときは見えません。毛根には、髪の毛の形成や成長と関係する毛乳頭細胞や毛母細胞があります。つまり毛根の状態によって、薄毛になるかどうかは左右されます。

多少抜け毛が多くても、毛根の状態が正常なら、再生力があるのであまり心配はいりません。逆に、毛根の状態によっては、薄毛が進行してしまう可能性があります。もし毛根の状態が正常でない場合は、すぐにクリニックに相談しましょう。

(1)毛根がある抜け毛は心配しなくていい

正常な状態の抜け毛には毛根があるので、まずは毛根の有無をチェックしましょう。

正常な毛根は、少しふくらんでいてマッチ棒のような形で、根元が白か透明です。髪の毛自体も太くてハリのあるしっかりとした状態で、フケなどの汚れもついていません。

毛根の根元が白いと心配になる方もいると思いますが、抜け毛が寿命までしっかり成長していた証拠です。髪の毛の色をつくる「メラニン色素」は、毛根から毛先へと吸収されます。寿命を迎えた髪の毛は、メラニン色素を吸収しないので、毛根部分が白くなるのです

同じように、抜け毛の根元に透明な膜が張っているのは、髪の毛を頭皮に固定する「毛根鞘(もうこんしょう)」という組織がついたまま抜けただけなので、毛根に異常はありません。

もし抜け毛の毛根がご紹介したような状態であれば、正常な抜け毛の可能性が高いです。

参照:https://529270.com/blog/ikumou/207

(2)抜け毛に毛根がなかったら危険信号

危険な抜け毛の毛根の特徴は以下のとおりです。もし抜け毛をチェックして、当てはまるようでしたら、早めに対策をしましょう。

・毛根がない・非常に小さい

抜け毛を確認しても毛根がなかったり、非常に小さかったりする場合は、要注意です。ヘアサイクルが乱れて、成長期の途中で髪の毛が抜けてしまっているので、AGAや円形脱毛症の可能性があります。

・毛根から生えてる毛が細い・毛根がとがっている

毛根があっても抜けた髪の毛が細い、または毛根が細くとがっている場合は、栄養不足の可能性があります。栄養が不足すると、髪の毛の成長に悪影響があるので注意が必要です。

 ・毛根全体が黒い

通常のヘアサイクルによる抜け毛は、毛根の根元が白か透明になります。毛根全体が真っ黒な場合、血行の流れが悪いなどの理由で、髪の毛に必要な栄養が届いていない可能性があります。

栄養不足が続くと、抜け毛が増える、健康な髪が増えにくくなるなどの悪影響が出るので、早めの対策が必要です。

・毛根の周りに白いかたまりがある

毛根の周りにある白いかたまりは、頭皮の過剰な皮脂がこびりついたものです。毛穴にも皮脂が詰まっているので、髪の毛が抜けやすくなります。

シャンプー時の洗い残しやシャンプーが肌質・髪質に合っていない可能性があります。一度シャンプーの仕方を見直してみましょう。

・毛根がいびつな形をしている

毛根が委縮していびつな形になっている場合は要注意です。ストレスによる脱毛や、自己免疫疾患による脱毛の可能性があります。いびつな毛根は円形脱毛症の人に多いといわれているので、早めにクリニックに相談し、治療しましょう。

(3)正常な毛根のためにすべきこと

薄毛を防ぐには、毛根を正常な状態へと整えるのが大切です。専門クリニックで診察を受けるのが一番重要ですが、日常生活でもしっかりケアしましょう。

・食生活を見直す

栄養不足は毛根の健康を損ねる大きな原因です。過剰なダイエットや偏った食生活は、栄養不足の原因となるので、バランスのよい食生活を心がけましょう。

特に髪の材料であるたんぱく質や髪の成長をサポートするミネラル、頭皮のコンディションを健やかに整えるビタミンは、しっかりとるのをおすすめします。

・頭皮の環境を整える

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が皮脂で詰まってしまい、髪の毛に悪影響が出てしまいます。逆に皮脂が不足すると、頭皮の乾燥によりフケが発生するなど、頭皮環境が悪化してしまいます。

自分に合ったシャンプーを選ぶ、髪を何度も洗いすぎないなど、髪の洗い方を見直して頭皮の環境を整えましょう。

・ストレスを解消する

ストレスが溜りすぎると、頭皮の血行が悪化したり、皮脂の分泌が過剰になったりと、抜け毛の原因となる状態を引き起こします。ゆっくりお風呂に入る、睡眠をたくさんとる、軽い運動をする、気分転換になる趣味を持つなど、意識的にストレスを解消するのをおすすめします。

3.抜け毛に関するご相談はウィル AGA クリニックへ

もし薄毛・脱毛症に関するお悩みがある場合は、お気軽にウィル AGAクリニックにお問い合わせください。

薄毛に悩む方が一人でも多く悩みから解放されるよう、

全力でサポートしていくことをお約束します。

電話で予約

WEB予約

LINE予約

ウィルAGAクリニック一覧

CLINIC

AGA・薄毛治療のお問い合わせ

CONTACT
「初診専用窓口」 初診の方はこちらからお問い合わせください。